野球障害

【お子さんが野球をやっていて、肩が痛い・肘が痛いと困っている、あなたへ】

当院には、ケガなどのスポーツ障害の悩みで、来院する患者さんが多数いらっしゃいますが、
中でも、野球をやっているお子さん・学生が多数来院します。

野球をやっていて、一度は、皆、経験する「肘が痛い・肩が痛い」。

私も、幼稚園~大学(球歴=江戸川南シニア・横浜高校・東京農業大学)まで、野球を続けてきましたが、肘・肩が痛いという経験があり、
ボールを投げるのが痛くて怖い、痛くて野球の練習を休むという辛い経験をしました。

そんな想いから、当院では、野球肘・野球肩の症状で悩んでいる方のお役に立てる様に、野球肩・野球肘治療に力をいれています。

なぜ、そもそも、肘が痛い・肩が痛いという症状がでるのでしょうか??

【投球障害(野球肘・野球肩)ってなに?】

野球をしているあなたが、ボールを投げる時に、肘や肩に痛みを感じる事を
「投球障害」と言い、代表的なものが「野球肘」「野球肩」です。

その代表的なものが「野球肘」「野球肩」です。

ジュニア期(小学生・中学生)に発症することが多いのですが、まずみなさんに

知ってほしいのは

「ジュニア期(小学生・中学生)の投球障害は早期の治療開始が重要」

「ジュニア期(小学生・中学生)の投球障害がおとなの投球障害のきっかけになる」

ということです。

しかし、「野球肘」や「野球肩」はなぜ起きるのでしょうか??

野球肘・野球肩は、間違った投球動作での繰り返しで起こる、肘・肩の痛みで、

症状は投球リリース時に、肘・肩に負担がかかり、痛みを覚え、投球を困難にさせます。

一球で野球肘・野球肩になることはなく、長期間に間違ったフォームでの投球や
過度(オーバーユース)の投球によって、投球障害が起こります。

主な原因として、投球フォームが悪く、体に無理な負担が、かかっていると考えられます。

フォームの特徴や欠点は人それぞれではありますが、多くの場合投球のリリース時に
肩が開いている(上体が開いている・投げる腕と体が連動せず、離れている状態)ことにより、
肘が体から離れていて、遠くを通る事で、肘や肩にかかる負担を
大きくしていることによるものと考えられています。

【野球をしていて、肘が痛くならない・肩が痛くならない方がおかしい】

私は、幼稚園~大学(球歴=江戸川南シニア・横浜高校・東京農業大学)まで、野球をやっていましたが、投げ方などの体の使い方を教えてもらった事がありませんでした。

なぜならほとんどが、見て覚える、練習して体に覚えこませるといった、指導方法でした。

そして、現在も少年野球から、詳しくボールの投げ方や体の使い方を教えてくれるチームは数が少ないのが現状です。

投げ方や体の使い方を教えてもらえても、一度きり、体の柔軟性や痛みの確認などをする事はありません。

投げ方、体の使い方を知らないで、野球をするわけですから、肘や肩を痛めるのは、当たり前の事だと思います。

【当院では、野球肘・野球肩の痛みの原因は3つです】

当院に来院する、野球肩・野球肘のほとんどの方が

①姿勢が良くない事
②体のバランス(歪み)が良くない事、
③体の使い方、体の柔軟性が良くない事

に気が付きました。

「ボールをかっこよく・強く投げたい」

「あのプロ野球選手みたいに投げたい」

「コントロールを良くしたい」

「正しい投球フォームとは・・・」

という声や質問を良く頂きます。

私も、小学生・中学生の時は、プロ野球選手の真似をしていました。

しかし、まずは、ケガをしない体作りが一番だと思います。

体を整えてから、ケガしない投球ファームを覚えて頂かない限り

野球肘・野球肩の痛みは再発します。

小学生・中学生のジュニア期の野球肘・野球肩は早期の治療開始が重要であり

ジュニア期の野球肘・野球肩が、おとなの野球肘、野球肩のきっかけになるからです。

なぜかというと、小学生・中学生時の投げ方の癖や、体の使い方の癖は、高校、大学、大人になるにつれて、修正するには
時間がかかり、治療も期間がかかります。
野球肘・野球肩で、少しの痛みでも、我慢せずに治療する事が、野球上達の一番の近道だと思います。

安心して下さい、当院では、治療計画を立てて、3つの事を当院では、取り組んでいきます。

①フォームより先に、姿勢・歪みを矯正していきます。
②自宅で出来る事をしっかりとお伝えします。自宅ケア・運動
③専門の医師が必要な場合は、ご紹介いたします。

当院では治療前に姿勢の写真を撮らせて頂き、ビフォー・アフターをとり変化を感じて頂きます。

痛いところだけの治療はしません。投球動作は、体の連動運動です。
使ってない、使いすぎ、どちらでも痛みは、出ます。
痛みは、あくまでも一つの指標ですので、体全体をみて、治療します。
痛みを取ることは大切ですが、痛みを一番に考えていません。
なぜ、痛みとして、そこの場所に出ているかを改善する事が一番だと、考えているからです。

当院ではフォームは、基本的なことをポイントで教えていきます。
投球動作は、動かさなくては、いけないところが、決まっています。
また、動かし方がわからない、どこを動かすの・・・
なども、お伝えします。

もっと専門的にじっくりと指導を望む方は、専門の医療機関も紹介できます。

【投球障害・野球肘・野球肩の治療法】

スポーツ障害専門の当院では投球障害・野球肘・野球肩の治療を得意としています。

治療の度に痛みが軽くなり、投球がしやすくなるのを実感出来るとおもいます。

当院では、姿勢写真をとり、どこに負担がかかっているのか、判断し、姿勢矯正、治療・指導していきます。

□猫背(背中が丸い)

□首が前に出ている

□手を背中の後ろで、合掌が出来ない

□腕を上げた時に、腕が耳につかない

□肘・肩を、曲げたり、伸ばしたりした時に痛みがでる

上記の項目で一つでも当てはまる様であれば、姿勢矯正する事をおススメします

投球に支特に、猫背(背中が丸い)は、腕の動き、肩甲骨の動きを制限させるので、
肘や肩に負担がかかりやすく、投球障害・野球肘・野球肩になる確率が高いです。

野球の投球が、「手投げ」と言われた事がある、ジュニア期(小学生・中学生)の子供たちは、
日常生活で姿勢の悪い事が多いとも言われています

姿勢改善は、投球障害の野球肘・野球肩を改善する、防ぐ上では、欠かせない事です

お子様の才能や可能性を眠らせてしまうばかりではなく、日常生活にまで不調をきたすことがあります。

頭痛や肩こり、腰痛などの症状も、姿勢の悪さからきている場合が多いです

今後も、一日でも長く野球を続けて欲しいと願うのなら姿勢改善は必須条件になります!!

具体的に言うと、その姿勢は、横向きで
「耳の穴」、「肩」、「股関節」、「膝」、「外くるぶし」が、
一直線に整っている姿勢を言います。

姿勢を矯正する事で、日常生活の中でもさまざまな変化に気付くことになります。

例えば、

・関節の動きが良くなり、体の動きがスムーズになります

・ケガをしにくい体を手に入れる事が出来ます

・スポーツでの、パフォーマンスが上がり、集中力が上がり、試合で良い結果が出た

・頭痛や肩こり、腰痛など様々な痛みの原因を取り除きます。

・自律神経(交感神経・副交感神経)の働きを正常にさせます。

何よりも大切なのは矯正後の姿勢指導になります。

歪みは日常生活の中で習慣付いた、悪い姿勢などによって戻ってしまいます。

ミカタ整骨院では、姿勢指導を行い、再度、歪みが戻らないようにしていく指導も
取り組んでいきます。

治療法は、姿勢の土台と柱となる、骨盤と背骨を矯正します。
ボキボキはした治療はしませんので、安心して治療を受けてください

【治療頻度・日数・金額】

症状にもよりますが、

9回(週に2回以上)が目安です。

負担金は
※痛みの原因や負傷日がはっきりしている場合のみ健康保険が適用できます。

野球肘や野球肩の治療は、日常生活の姿勢の影響を受けているため

姿勢骨格矯正をしたほうが良い場合があります。

慢性の場合は、自費になります。
5400円が学割で4320円です
(初診代は6,400円)

基本的には10回コースですが、
遠方の方は施術回数、頻度、方法などはお気軽にご相談ください。

【お願い】

投球障害の治療期間はこちらの指示があるまでは原則、ノースローです。

練習(投球しながら)での治療は回復を遅らせるだけでなく、将来、野球が出来ないことになるかも

しれないので、ジュニア期(小学生・中学生)の今のうちにしっかり治すことが大事です。

施術に関しては、保護者の方もご一緒にご来院頂くことをおススメしております。

なぜなら病態説明や今後の治療方針など保護者の方を交えてご説明させて頂くことで、

なんとなく治療を受けてもらうのではなく、何故その治療が必要なのか・・、

今後再発しないために何をしないといけないのか・・

など、
施術家+患者様+保護者様が1つになって、

その症状に向かって治療していく必要があると考えているからです。

「治す」ということを真剣に考えた時に、保護者のご理解とご協力は不可欠なんです。

ミカタ整骨院に1日も早くご相談ください。

【患者さんの声】

肩が強くなり、ボールを狙ったところに、投げれる様になりました【10代 中学生】

ボールを投げるたびに、痛いという不安がなくなり、腕を思いっきり振れるようになりました。【10代 高校生】

試合があるので、痛みを我慢してました【10代 小学生】

家でのストレッチを教えて頂けますか?【10代 小学生・母親】

投球フォームを教えて頂けますか?【10代 中学生・母親】

なんで、うちの子だけ、ケガしてしまうのでしょうか?【10代 小学生・母親】

といった声と質問を頂いております。

ミカタ整骨院に1日も早くご相談くださいね。

投稿日:

Copyright© 【桜新町・経堂の整体】世田谷ミカタ整体院 , 2018 All Rights Reserved.